MENU
バルバル
会社員
コーヒー豆の焙煎歴1年
調理師資格保持
元ラグジュアリーブランド販売員

ファッションや趣味に日々邁進するアラフィフです。
何かを目指すよりも自分の良さを引き出すファッションを発信しています。
プチプラ×少しのラグジュアリーのコーデを楽しんでいます。

ダヴィンチカフェにも記事を書いています。

50代を美しく見せる上品ブラウスコーデ

皆さんはどんな服のアイテムがお好きですか
私は昔からブラウスが大好きです。
年齢を重ねてくるにつれ更にブラウスがしっくりくるようになりました。

目次

ブラウスは万能アイテム

50代のブラウスコーデは最強!?

皆さんは日頃どのようなアイテムをメインにコーディネートされていますか
今回はブラウスの魅力をお伝えしていこうと思います。
既にブラウスを中心にコーディネートされていらっしゃる方は、改めてブラウスの良さを再確認してみてくださいね。

よく選ばれるトップスといえばこの辺りでしょうか
・ニット
・Tシャツ
・スウェット
・カットソー
・ブラウス

皆さんがトップスに求められる機能とはなんでしょう

①ホームクリーニングが可能
②デザイン性
③着心地

などが挙げられますね。

①のホームクリーニングですがこれは都度クリーニング店に出すと手間や費用がかかる、変色する、汚れが落ちないなど。逆ホームクリーニングすることで、縮みやしわが気になります。

②のデザイン性はどのアイテムにしてもクリアです。

③着心地 こちらはなかなか難しい問題です。
冬暖かく、夏涼しいや肌触り、服そのものの軽さなど感じ方は人それぞれになるのかもしれません。

それではブラウスの良いところを挙げていきたいと思います。

ブラウスコーデの人気が高い理由は

・一年中着られる
・ホームクリーニングが可能
・品が良い
・チクチクしない
・劣化しにくい
・収納の場所を取らない
・スタイルアップにも

暑くても寒くなっても一年中着られますね。(他、カットソー・Tシャツ)
家でのお洗濯にも適しています。(他、カットソー・Tシャツ・スウェット)

品が良い きちんとした雰囲気で着る場所を選びません例えばTシャツでは行先は限られます。

チクチクしない 直接肌に触れても肌触りの良いものが多いのではないでしょうかニットにおいては、暖かいですが肌に直接触れると水分が奪われますし、静電気も起きやすいです。

劣化しにくい ブラウスの特徴として縫い目の多いものが主ですから大切に扱うとTシャツなどにみられる伸び縮みやニットの毛玉などのような劣化は少ないと言えます。

収納の場所を取らない ニットやスウェットと異なり薄手の物が多いため保管にも困りません。

スタイルアップにも ブラウスは比較的身体のライン取りをしません。カットソーや薄手のニットと比べてもスタイルアップしやすいアイテムです。

逆に体のラインを強調されたい場合は柔らかい素材のブラウスを選ぶと良いでしょう。

但し、メンテナンスについては気になる部分もあります。
・ホームクリーニングや着用時の皺
・畳む手間
・アイロン掛けの手間

そこでブラウスの素材についても考えてみましょう。

ブラウスの素材は何が良い?

お薦めの素材は「ポリエステル100%」です。
丈夫で、洗濯機で洗濯しても状態が変化しにくいです。

贅沢を言えばシルクやコットンなどの天然素材が良いと思います。
通気性も良く、夏は涼しく肌触りも良いですね。

ただ、購入時の美しさを保つのはとても難しいと思います。
まず、汗染み、クリーニングによる全体的な変色※石油系クリーニングの場合、溶剤が残り変色していきます。
また、石油系ドライの場合は、汗は落ちません。

以上の事から、保管している間に酸化して変色していくのです。

ホームクリーニングも手間がかかり、皺や縮みが気になりますね。
このような事が気になる方は、日頃のトップスはポリエステル素材がお薦めです。

デメリットとしてはポリエステル素材のブラウスは通気性が良くないということです。
寒い時期は良いですが、暖かい時期はレースなど少し通気性の良いデザインのブラウスを選択されると良いと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次